川嶋辰彦(紀子さま父親)の皇室に怒鳴り込みした2つの理由!実際は温厚で評判はよかった!

川嶋辰彦 怒鳴り込み

紀子さまの父親である川嶋辰彦の訃報のニュースが11月4日に入りました!

学習院大学の名誉教授である川嶋辰彦さんですが、過去に週刊誌に取り上げられた事があるようです!

なんと2度も皇室に怒鳴り込みに行ったそうです!

いったいなぜ皇室に怒鳴り込みに言ったのか2つの理由を調査しました!

川嶋辰彦(紀子さま父親)の皇室に怒鳴り込みした2つの理由!

秋篠宮さまのタイ愛人疑惑

最初に皇室に怒鳴り込みにいったとされる理由が、秋篠宮さまがタイに愛人がいるとの疑惑でした!

1996年年、秋篠宮さまと紀子さまがご結婚して6年目のこと!

秋篠宮さまはナマズの研究でタイの大学から名誉博士号(2018年)を頂いたり、本も出していますが、この当時は研究中でタイへ頻繁に通っていました!

なんと、クリントン大統領が訪問し宮中晩餐会に参加した時も秋篠宮さまはナマズの研究を優先し欠席しました!

このような理由から当時の週刊誌各社が秋篠宮さまのタイの愛人疑惑を報道!

他にも、ご結婚する前にタイのソープへ社会科見学へ行ったとの事!

1996年9月に女性自身の記事はコチラ↓

しかし。秋篠宮さまは1996年11月20日の誕生日会見できっぱり否定!

そういうことは全くないですし、火のないところに煙が立ったというか、非常に想像力が豊かな人がそういう記事を書いたのだと思います。

週刊誌に秋篠宮さまの女性問題について、紀子さまの父親の川嶋辰彦さんが皇室に怒鳴り込みに行ったとされています!

川嶋教授が一人で御所を訪れたのは、四月二十一日の日曜日。

秋篠宮殿下が、まだタイをご訪問中の時でした。この日は午後三時から、陛下のプライベートなアポイントメントが入っており、その相手が川嶋教授だったのです。

もちろんこれまでにも、川嶋教授は何度も御所を訪れて、両陛下とお話や会食をされているのですが、この時ばかりはそんな和やかなものではありませんでした。

有体に申し上げれば、紀子妃殿下の父親として、秋篠宮殿下の女性問題を問い質すため、御所に怒鳴り込んで来られたようなものですから

教授が帰った後の陛下は、随分と沈んだご様子だったという。

『週刊新潮』(1996年6月20日号)

しかし。川嶋辰彦さんは秋篠宮さまのタイの愛人について

「浮気の話は知らないな」

と語っている事から、怒鳴り込みも事実ではない可能性があります!

秋篠宮さまが紀子さまを堕胎させた疑惑

川嶋辰彦さんが皇室に怒鳴り込みをしたとされる2つ目の理由が、秋篠宮さまと紀子さまが結婚前に妊娠し堕胎させた為だと言われています

真相はわかりませんが、秋篠宮さまと紀子さまの結婚が異例だったことでこのような説がながれました!

なぜ異例だったかというと、

・天皇陛下の喪中
・秋篠宮さまは学生で、イギリスに留学中
・年齢も23歳と若い
・兄より先に結婚
・天皇陛下は渋々二人の結婚を許した

また、当時は天皇家に入りたい川嶋家の陰謀とまでいわれていましました!

この堕胎説は学習院大学の関係者・(堕胎に関わった)医療関係者の間では有名な話の様です!

皇室ジャーナリストの江森敬冶さんが1998年に出版した「秋篠宮さま」によると↓

その―つは宮さまの結婚前後。

やはり川嶋教授が、紀子さまが宮さまの子供を中絶したことに怒り、天皇陛下に「娘をどうしてくれる」と怒鳴り込み、陛下も二人の結婚をしぶしぶ許したというものだった。

江森敬治『秋篠宮さま』

川嶋辰彦(紀子さま父親)実際は温厚で評判はよかった!

川嶋辰彦さんは 学習院大学の名誉教授 ですが、大学では生徒にも真摯にむきあっていたようでとても評判のいいかたでした!

2度の怒鳴り込みが本当だとしたら、よっぽどの事だったのではないでしょうか?

川嶋辰彦(紀子さま父親)の皇室に怒鳴り込みした2つの理由!実際は温厚で評判はよかった!まとめ

川嶋辰彦(紀子さま父親)の皇室に怒鳴り込みした2つの理由!についてまとめました!

見るからに優しそうな紀子さまの父親であつ川嶋辰彦さんですが、本当に怒鳴り込んだとしたらビックリですね!

川嶋辰彦さんの死因!公表しない理由は?↓

皇室が川嶋辰彦さんの死因を「中皮腫」だと公表しましたが、国民からは疑問の声が↓

ザックス記事下PC
カテゴリー: